おまとめローン 審査

おまとめローンの審査について

複数社からの借入をしている人は、毎月苦しい返済生活を送っているのではないでしょうか。
この苦しさから救ってくれるのがおまとめローンです。
複数社からの借入をしていると、毎月複数回の返済日を気にしながら生活する必要がありますし、高金利の借入では利息負担も大きいです。
おまとめローンを利用すれば、これらをすべて解消することも可能です。
返済が苦しいと債務整理も考えてしまいますが、その前におまとめローンが利用できるかを検討してみましょう。
このページでは、おまとめローンの審査に通過するためのポイントなども紹介しますので、多重債務でお困りの方は参考にしてください。

 

おまとめローン 審査

 

おまとめローンの利点

金利の軽減を期待できる

多重債務で困っている人の多くが、金利の負担が気になっているのではないでしょうか。
特に少額の借入を複数社からしていれば、金利負担は大きくなります。
どこの金融機関も利用限度額が低ければ金利が高くなるため、少額の借入が複数社あれば金利負担も大きくなってしまいます。
おまとめローンのメリットが、金利負担の軽減が期待できるという点です。
複数社から少額の借入をしている人も、まとめると1社からの借入総額が増えることになり、設定される金利が大幅に低くなる可能性があるのです。
おまとめローンの利用での最大のメリットが、この金利負担の軽減にあります。

 

ローンを一本化することにより管理が楽になる

複数社から借入をしてしまうと、毎月何度も返済日を迎えることになり、返済管理が難しいというデメリットがあります。
返済が困難な状況になれば、毎月の返済日が気になり精神的な負担も大きいです。
おまとめローンで一本化すれば、毎月の返済は1回になり、返済の管理が楽になります。
金融機関から借入をした場合、確実に返済を続けることが重要です。
返済が滞れば、その事実は信用情報に記録され、今まで利用したことのない金融機関に申し込みをしたとしてもその事実が確認でき、信用を大きく失うことになります。
返済の管理が楽になれば返済忘れの可能性も低くなり、金融機関の信用を失うことなく利用することができます。

 

総量規制の対象にならない

複数社の借入をまとめるとなると、借入総額も大きくなり、銀行を利用するしかないと思っている人もいるのではないでしょうか。
消費者金融には総量規制があるために、年収の1/3以上の借入はできません。
しかし、総量規制には除外となるローンや例外が設けられ、利用者に一方的に有利となる借換えは総量規制の例外となります。
おまとめローンは、利用者に一方的に有利となる借換えに当たり、総量規制の対象にはならないということです。
銀行は総量規制対象外ですが、おまとめローンなら消費者金融からの借入も総量規制対象外となるため、どちらの金融機関でも利用することができます。

 

おまとめローンの留意点

審査が厳しい

金融機関によってはおまとめ専用ローンが用意されていたり、通常のカードローンでもおまとめローンとして利用できる商品もあります。
おまとめローンが利用できる環境は整っているのですが、注意が必要なのが審査です。
おまとめローンの利用を考えている人は、複数社の借入がある人です。
この複数社の借入は、審査では大きなマイナスポイントです。
3社までならまだ審査に通る可能性があるのですが、借入件数が4社、5社となると審査通過は難しい状況です。
審査落ちをすれば、その情報は信用情報にも記録されるため、借入件数が多い人は1社でも完済してからの申し込みが必要です。

 

返済が長期化するとかえって返済額が増える結果に

おまとめローンのメリットとして、金利が下がり、返済負担が減ることがありました。
しかし、一本化したことで毎月の返済額が減ると、返済が長期化してしまい、かえって総返済額は増えてしまう結果となることもあります。
金融機関によって毎月の最低返済額が違い、返済を楽にするために、返済負担の少ない金融機関を選ぶ人も多いようです。
しかし、返済額が少ないことで返済が長期化してしまい、返済回数が増えることで、毎月の利息も多く払うことになると、返済総額も増えてしまうのです。
最低返済額が低いおまとめローンを利用する場合には、随時返済などを活用しながら、少しでも早く完済することを心掛けましょう。

 

全額のおまとめができないケースがある

おまとめローンを利用したからといって、全額分のおまとめができるとは限りません。
100万円の総借入額であっても、50万円までなら融資は可能といった審査結果になることもあります。
一本化することで、1社からの借入総額が増えて低金利になることがおまとめローンのメリットなのですが、全額まとめられないケースもあるのです。
おまとめローンを利用する場合には、この点には注意しておきましょう。
ただし、この場合、50万円の借入で2社分がまとめることができれば、返済が1社分減ることができ、少し返済管理が楽になるというメリットはあります。

 

おまとめローンの審査に通らない理由は?

借り入れ件数が5件以上ある

おまとめローンの審査では借入件数が重要視されます。
おまとめ目的で利用することを金融機関に伝えておけば、ある程度はその点を考慮した上での審査となるのですが、それでも借入件数が多過ぎれば審査落ちの可能性は高いです。
そのため、おまとめローンといえど、借入件数が少ないほど審査に有利であることは変わりません。
借入件数が3社以内であれば審査通過の可能性は高いのですが、4社以上になると審査も厳しくなり、5社以上ではその時点で即審査落ちとなる可能性もあります。
おまとめローンが利用できれば大きなメリットがあるため、すでに5社以上の借入がある人は、できるだけ借入件数を減らした上で申し込むことが大切です。

 

勤続年数が短い

審査に通るためには、安定した継続的な収入が得られることが重要です。
確実に収入が得られているのであれば、金融機関も安心して融資をすることができます。
安定した継続的な収入が得られているかを判断するためのポイントが、勤続年数です。
勤続年数が長ければ、それだけ金融機関からの信用も高くなり、おまとめローンの審査も通過しやすいです。
もし、おまとめローンに申し込みたいけど、最近転職したばかりといった勤続年数が短い人は、注意が必要です。
おまとめローンの利用では、少なくても1年以上の勤続年数は欲しいところです。
数ヶ月程度の勤続年数では審査に通らない可能性が高いと考えておきましょう。

 

ブラックリスト(事故情報)に掲載されている

事故情報というのは、3ヶ月以上にも及ぶ延滞や不払い、債務整理などです。
これらの事故情報が信用情報に記録されると、よく言われるブラックリストに載っている状態となります。
この状態ではおまとめローンに限らず、金融機関からの借入は難しいと考えておきましょう。
ただし、事故情報は一定期間過ぎれば消去されます。
具体的に、5〜10年間を過ぎれば信用情報から消えることになるため、以前に金融事故を起こしたことがある人でも、この期間が過ぎていればすでに信用情報から記録が消えている可能性があります。
信用情報は自分で確認することができるので、今の信用情報が気になっている人は一度確認してみるとよいでしょう。

 

複数の会社から短期間に借入している

おまとめローンの利用を考えている人の中には、複数社から短期間で借入をしている人もいるのではないでしょうか。
このような人も、審査に通らない可能性があります。
短期間で複数社からの借入をしていると、金融機関から見ればかなりお金に困っているのではないかと思われてしまいます。
金融機関は確実な返済ができると確信できる人にしか融資をしてくれません。
そのため、短期間で借入をしている人や、短時間で複数社に申し込みをしている人は、審査落ちの可能性が高いと考えておきましょう。
申し込み情報は半年から1年程度で信用情報から消えます。
もし、上記にあてはまる人は、信用情報から申し込み情報が消えてからの利用をおすすめします。

 

収入に対して支出が多い

おまとめローンの審査では、返済能力を判断されることになります。
返済能力が高いと判断されると審査通過となるのですが、返済能力は収入に対しての支出のバランスが大切です。
どんなに収入が多くても、支出が多い人は返済能力が低いと判断されます。
住宅ローンや扶養家族、教育費などの支出のウエイトが大きい人は、返済能力が高いと判断されません。
信用情報に特に問題がない人でも、返済能力で審査落ちをしてしまうことがあるのです。
収入に対して支出が多い場合も、おまとめローンの審査に通らない理由の一つです。

 

おまとめローンの審査に通るためのポイント

おまとめ専用のローンに申し込む

おまとめをする方法は、おまとめ専用ローンを利用する方法以外にも、おまとめとして利用できる通常のカードローンを利用する方法もあります。
ただし、通常のカードローンに申し込んでしまうと借入件数が多いため審査落ちをしてしまうこともあります。
おまとめ専用ローンなら、他社からの借入が複数あることは金融機関も分かっているので、気軽に利用できるメリットがあり、おまとめでは専用ローンを利用することをおすすめします。
専用ローンではなく、通常のカードローンを利用する場合には、事前におまとめとして利用すると伝えておくことで審査通過の可能性を高めることができます。

 

現在の債務残高が年収の1/3以下であること

おまとめローンなら、総量規制のある消費者金融でも利用することができ、年収1/3以上の借入も可能です。
しかし、おまとめローンを利用すれば、年収の1/3以上の借入が誰でもできるわけではありません。
おまとめローンの審査通過の可能性が高い人の特徴は、現在の債務残高が年収の1/3以下であることです。
そのため、すでに年収の1/3を超えている状態で審査を受けても審査通過は難しいのです。
審査通過の可能性を高めるためには、少しでも債務残高を減らすことが重要です。
年収と現在の債務残高を確認して、おまとめローンに申し込みをするようにしましょう。

 

自分の属性をチェックしてみる

審査では、まずスコアリング審査がおこなわれます。
スコアリング審査とは、申し込み時に記入した年収や勤務先、家族構成や住居環境など、属性によって点数付けをする審査のことです。
この点数が高いほど審査通過の可能性も高まるというわけです。
例えば、属性では勤務先も重要で、公務員や大手企業に勤務している人は5点、中小企業の勤務であれば4点、自営業であれば2点、アルバイトやパートであれば1点といった具合に点数付けされます。
ネットではカードローンの審査に通過した人、あるいは審査落ちした人の体験談も見ることができるので、どのような属性の人が審査通過し、どのような人が審査落ちをしたのかをチェックして、自分の属性と比べることで、自分の属性で審査通過しやすいのか確認ができます。

 

嘘の申告や記入漏れ、記入ミスをしない

多くの人が見落としがちで、最も簡単な方法で審査通過の可能性を高められるのが、嘘の申告や記入漏れ、記入ミスをしないということです。
嘘の申告や記入ミスなどは、審査落ちの中でも意外に多い理由の一つです。
今の債務残高を減らしたり、属性を変えるのは簡単ではありませんが、申込書に嘘の申告をしないこと、記入ミスがないよう申込書をチェックすることはとても簡単です。
簡単なことなのですが、これが意外にできない人も多いようです。
しかし、これらの点で審査落ちをする可能性もあり、少し面倒かもしれませんが、嘘の申告はもちろんのこと、申込書のチェックは必ずおこないましょう。

 

収入証明書は源泉徴収票を用意する

おまとめローンでは借入額が高額となることから、収入証明書の提出を求められるケースが大半です。
収入証明書としては、源泉徴収票、2〜3か月分の給与明細書などが利用できるのですが、提出する時には源泉徴収票をおすすめします。
審査通過をするためには、少しでも金融機関の信用を得る必要があります。
毎月給与に変動がある人の場合、最も給与が多かった数ヶ月分の明細書を提出することで、収入が多いように見せることができます。
これは金融機関もわかっていることから、給与明細書では信用が低いです。
1年分の収入がわかる源泉徴収票であれば、金融機関の信用を得られやすく、審査通過の可能性も高まります。

 

年度末に申し込むと審査通過率が高い

カードローンでは審査に通りやすいタイミングがあります。
その代表が年度末です。
金融機関の営業では、少しでも業績が良い状態で決算報告書を提出したいと考えています。
そのため、年度末は審査通過率が高く、申し込みのタイミングとして活用できます。
1年は1月から始まりますが、年度は4月からで、年度末は3月ということになり、余裕がある人はこのタイミングまで待っての申し込みをおすすめします。
逆に審査通過が難しいのが、この決算月が終わった4月です。
決算報告が終わっているタイミングなので、無理に業績を上げる必要がなく、審査通過が難しいと言われているので注意しましょう。

 

おまとめの案内を待ってみる

年度末などの決算月は業績を上げるために審査通過の可能性が高いときです。
このタイミングでは、業績を上げるために、おまとめの案内が送られてくる人も多いようです。
おまとめローンは高額な借り入れとなるケースが多いですし、金融機関としては自社でまとめてもらえれば、他社からの顧客を奪えるというメリットもあります。
おまとめの案内が来た場合には審査通過率も高く、さらにお得な金利となっているケースもあるようです。
ただ、誰でも送られてくるわけではなく、返済能力が高いと金融機関から判断された人だけに送られます。
この案内が来るように、金融機関の信用が高まるような確実な返済を続けましょう。

 

おまとめできない!審査に落ちてしまった時は

おまとめローン 審査

最低1社は完済実績をつくる

おまとめローンの審査に落ちる可能性が高いのが、借入件数が多すぎる、返済能力が低いと判断されるケースです。
審査に落ちてしまった時には、この点をよく確認してみましょう。
審査に通るためには、最低でも1社は完済実績を作ると有利です。
1社でも完済してしまえば、借入件数を減らすことになりますし、何よりも返済能力があることを証明できます。
複数社の借入がある人は、本当に借金が返済できる状態なのかと金融機関は不安を持っています。
申し込み前に完済実績を作っておくことで、今の状態でも返済が確実にできると判断でき、審査通過の可能性を高められます。

 

希望額を低めにして申し込む

通常のカードローンを利用しておまとめする場合、今後の急な出費にも対応できるようにと、高めの希望額を記入して申し込みをする人がいます。
しかし、すでに複数社からの借入をしているのに、さらに上乗せをした希望額を記入すると、本当にこの人はおまとめをして完済する気があるのかと思われる可能性があります。
借金をさらに増やすような借り方をしている人は貸し倒れのリスクがあり、審査落ちの対象となってしまうのです。
申込書の希望額は、今の借入額と同額程度にする必要があります。
金融機関の審査では希望額が多いほど審査も厳しくなるので、審査通過の可能性を高めるには希望額を低めにして申し込むことがコツです。

 

一定期間を空けて申し込む

審査落ちをすると、その事実は信用情報に記録されます。
そのため、審査落ちをしてすぐに他社に申し込んだとしても、審査落ちの情報が原因で、以前よりも審査通過が難しい状態となります。
また、短期間に複数社に申し込みをしてしまうと申し込みブラックとしての扱いを受けることになり、この状態になるとさらに審査通過は難しいでしょう。
1社の審査に落ちた場合には、すぐに他社に申し込みをするのではなく、一定期間空けてからの申し込みをおすすめします。
審査落ちの情報は6ヶ月程度で消えることから、自分の信用情報を確認してからの申し込みを考えましょう。

 

銀行だけではなく消費者金融への申込も検討する

高額となるおまとめローンでは、総量規制対象外の銀行カードローンの方が利用しやすいと感じる人もいるかもしれません。
銀行カードローンは消費者金融と比べ低金利なため、おまとめローンとしては最適なのですが、審査が厳しいのが難点です。
体験談などを見ても、銀行カードローンの審査には落ちたけど、消費者金融に申し込むと審査に通ったという声を見ることもできます。
それぞれの金融機関で審査基準が違うため、比較的審査が甘い消費者金融なら利用できる可能性はあります。
大手消費者金融の中にはおまとめ専用ローンを用意しているところもいくつかあり、おまとめには最適な金融機関です。

 

現在の借り入れ先に増額を相談してみる

今まで延滞などもなく、確実な返済を続けてきた人なら増額ができる可能性があります。
現在借り入れをしている金融機関であれば、今までどのような利用実績があるかはすぐに確認でき、半年から1年以上の確かな利用実績があれば増額をしてもらえる可能性があります。
もしも増額することができれば、その分で他社からの借り入れを少しでも減らすことができますし、場合によっては完済することも可能です。
そのため、おまとめローンを利用することだけでなく、増額分を返済に充てることも検討してみましょう。
ただし、増額審査に落ちると、利用停止などのリスクもあることから、申し込みをする前に、金融機関に増額できる可能性があるのかなど相談してみることをおすすめします。

 

審査が甘い!と謳う業者は利用しない

何度も審査落ちをしてしまうと、どこの金融機関からもお金を借りられないのではないかと思ってしまいます。
この時に注意が必要なのが闇金や詐欺です。
どうしてもお金が必要、おまとめローンを利用したい時には、「審査が甘い」、「ブラックでも融資します」、「無職でも借りられる」など甘い言葉を謳う業者が目にとまるものです。
しかし、このような甘い言葉を謳っている業者は闇金や詐欺である可能性が高いです。
通常の金融機関で、自ら審査が甘いと謡うようなことはありませんし、ましてやブラックや無職に融資をすることは絶対にないと考えておきましょう。

 

おまとめローンおすすめランキング

来店不要で申し込みOK!東京スター銀行「スターワンバンクローン」

東京スター銀行のスターワンバンクローンは、金利が年5.8%、最高1,000万円までの借入額となっていて、おまとめをしたい人専用のローンです。
申し込みはインターネットや電話で申し込みができ、来店不要で利用することができます。
おまとめ専用ローンですが、利用限度額内で繰り返し借入可能となっています。
口コミを見ると、まとめる前は年15%前後で借り入れをしていた人が、東京スター銀行でまとめたところ10%を切る金利設定をしてもらえたという声があり、今の借入を一本化して低金利でお金を借りたい人には最適ですね。
その他にも、おまとめだけでなく教育費用も必要だった人が、東京スター銀行で80万円のおまとめと、60万円の教育資金を借りられたというケースもあります。

 

即日審査・即日融資が可能!アコム 「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

アコムは 「貸金業法に基づく借換え専用ローン」を提供しているため、おまとめローンを考えている人にも最適な消費者金融です。
金利は年7.7%〜18.0%、貸付金額は1万円〜300万円となっています。
このローンでは即日審査、即日融資が可能となっています。
おまとめローンは高額の借入となるケースが多く、審査時間も長いという特徴がありますが、アコムなら最短即日融資で、すぐにでも借り換えをしたい、まとめたい人には最適です。
口コミでも毎月の返済額が減った、無理のない返済ができるようになった、一本化でき金利が前よりも低くなったなどの声があります。

 

申し込み年齢の上限なし!アイフル「おまとめMAX」

大手消費者金融のアイフルにも、おまとめ専用ローンの「おまとめMAX」があります。
金利は年12.0%〜15.0%、貸付金額は1万円〜500万円となっています。
このローンの対象者は、満20歳以上で定期的な収入があり、返済能力がある人です。
上限年齢が設定されていないので、年齢制限で利用できない高齢者の方でも利用可能なおまとめローンです。
口コミでは、「このローンを利用してから毎月元金を順調に減らすことができるようになった」、「審査結果がすぐに出てびっくり」、「金利をかなり低めに設定してくれた」、「返済が楽になった」などの声があります。

 

まとめ

おまとめローンを利用することで金利の軽減、管理が楽になるなどのメリットがあります。
大きなメリットのあるおまとめローンですが、審査が厳しい、長期化すると総返済額が増える、全額まとめられないこともあるというデメリットもあります。
審査通過の可能性を高めるためには、専用ローンに申し込んだり、債務残高が年収の1/3以下であること、自分の属性の確認、記入漏れや記入ミスのチェック、源泉徴収票の提出、審査通過率が高いタイミングで申し込みをすることがありました。
もし審査落ちをした場合でも、完済実績を作ったり、一定期間空けて申し込みをすることで、再度申し込みをすれば審査通過の可能性はあります。
おまとめローンを上手く活用して完済を目指しましょう。