おまとめローン とは

返済でお悩みの方必見!おまとめローンとは

複数社からお金を借りてしまい、返済に困っている人も多いのではないでしょうか。
最近では即日融資に対応しているカードローンも増え、手軽にお金が借りることができるのですが、この便利さから、複数の金融機関からお金を借りてしまい、返済が困難になる人も増えています。
複数ある借入を楽にしてくれるのが、おまとめローンです。
このページでは、おまとめローンのメリット・デメリット、審査に通るためのコツ、利用する上での注意点やおすすめのおまとめローンも紹介していきますので、「複数の借入があって返済が苦しい」という人はぜひ参考にしてください。

 

おまとめローン とは

 

自分は損得どっち?おまとめローンのメリット

金利が下がる

複数社の借入によって返済に困っている人は、金利の高さに悩まされているのではないでしょうか。
すぐにお金が必要だからと、金利を気にせずお金を借りてしまったことに後悔している人も多いと思います。
この金利を下げることができる可能性が、あるのがおまとめローンです。
金融機関では借入額によって金利が決められ、借入額が多いほど金利は低く設定されます。
複数社を1社にまとめることにより、借入額が増えれば、金利が下がる可能性があります。
金利の高い複数社の金融機関からお金を借りている人ほど、このメリットは大きいと考えられます。

 

月々の返済額が下がる

少しでも毎月の負担を減らしたいと考えている人も多いでしょう。
複数の借入があると、当然毎月の返済額は増えていきますから、返済額を下げたいと考えるのは無理もありません。
そんな人は、おまとめローンを利用することにより、毎月の返済額が減る可能性があります。
この点も、おまとめローンの大きなメリットの一つとなっています。
1社からの借入総額が高額になることにより、金利が下がる可能性があります。
金利が下がることによって、毎月の返済額に含まれる利息分が減ることになり、毎月の返済額も減るというわけです。
毎月の返済負担を減らすことで、生活費に回すお金も増え、ゆとりある生活を送ることができます。

 

借入先の管理が楽になる

複数社の借入があると返済日がそれぞれ異なり、毎月返済日が気になって仕方ない人もいるのではないでしょうか。
万が一返済が遅れると、信用情報が傷つくこともありますから、返済は確実におこなう必要があります。
複数社から融資を受けている場合、借入先の管理が大変ですが、おまとめローンによってこの管理が楽になります。
例えば、借入先が3社あってそれぞれ返済日が異なれば、毎月3回の返済をする必要があります。
しかし、これを1社にまとめてしまえば、返済も月に1回となり管理も楽ですよね。
おまとめローンで一本化して、返済からの精神的負担も減らすことができ、この点も大きなメリットです。

 

総量規制対象外で借入できる

おまとめ専用ローンを提供している消費者金融もありますが、消費者金融からの借入は総量規制の対象となります。
借入額は年収の1/3までに制限されるため、高額な借入をしている人は、消費者金融のおまとめローンは利用できないと思っているかもしれません。
しかし、利用者にとって一方的に有利となる借換えの場合には、総量規制の対象外となります。
そのため、総借入額が年収の1/3以上の人でも、消費者金融のおまとめローンが利用できるということです。
銀行カードローンは、もともと総量規制対象外ですから、その点を気にする必要はありません。

 

おまとめローンのデメリット

返済期間が延びて総返済額が増える

おまとめローンを利用することで、利息負担が減り、毎月の返済額も減ることがありますし、最低返済額が低い金融機関を利用すれば、さらに返済負担を減らすことも可能です。
ただし、毎月の返済額が減るということは、それだけ完済までに時間がかかることになります。
金利が下がり、利息の負担が減ったとしても、返済期間が延びてしまったのでは、利息を払う回数が増えてしまい、結果として総返済額が増えることになります。
毎月の返済額が減ることは、毎月の返済に負担を感じている人には大きな助けとなるのですが、追加返済や一括返済を上手く利用して、早く完済するように心がけましょう。

 

審査が厳しい

おまとめローンには、通常のカードローンを利用する方法と、おまとめ専用ローンを利用する方法があります。
このうち、おまとめ専用ローンは審査が厳しいという特徴があります。
おまとめ専用のローンは、通常のキャッシングやカードローンよりも金利が低く設定されています。
そのため、通常の審査よりもどうしても厳しくなってしまいます。
また、通常のカードローンへおまとめ目的で申し込んだ場合も、審査が厳しくなることは避けられません。
というのも、おまとめローンの利用を考える人の多くが、他社からの借入額が多く、返済が大変な状況だからです。
審査通過が難しいというのが、おまとめローンの大きなデメリットです。

 

全額のおまとめが出来ない事もある

おまとめローンの審査に通過すれば、大きなメリットがあります。
しかし、仮に審査に通過したとしても、全額のおまとめができないこともあります。
例えば、100万円の借入があるのに、融資ができるのは70万円までという審査結果が出ることもあるのです。
これもおまとめローンのデメリットの一つです。
これではおまとめローンを利用する意味がないと感じる人もいるかもしれませんね。
ただし、3社の借入をしている人が、2社まとめるだけでも、金利が下がって返済が楽になることがあります。
上手くおまとめローンを利用して、今の借金の完済を目指しましょう。

 

おまとめローンの審査に通るコツ

おまとめ希望と伝える

おまとめローンの審査通過の可能性を高めるためには、はっきりと利用目的を伝えることがポイントです。
何も伝えずに申し込んだ場合、金融機関からすれば、複数社の借入があるのに、さらに借入をするのかと思われ、審査落ちの可能性が高いです。
しかし、おまとめをして完済目的で利用すると伝えることにより、審査にも通りやすくなります。
また、消費者金融を利用する場合にも、おまとめ希望であることを伝えておかないと、総量規制によって審査落ちとなるケースも考えられます。
おまとめローンを利用する時には、これ以上借金を増やすためではなく、今借りている借金を減らすために利用することをハッキリと金融機関に伝えることが審査に通るためのコツです。

 

1社でも完済実績をつくる

複数社からの借入があると、貸し倒れのリスクが高いと判断されるため、どうしても金融機関から信用を得るのが難しい状態です。
そんな時は、信用を得る方法として、1社でも完済実績を作ることを考えてみましょう。
1社でも完済することにより、借金総額も減り、審査に通りやすい環境を作ることができます。
また、完済実績を作ることは、今の状況でも十分に返済を続けられるという証明にもなります。
完済実績を金融機関が確認することにより、この人に融資をしても確実に返済をしてくれるという安心感を与えることになります。
確実なおまとめローンの審査通過を目指すためにも、完済実績を作ることをおすすめします。

 

正確な情報を申告する

金融機関から融資を受けるには、信用を得ることが重要です。
信用を失っている状態では、どんなローンでも審査通過は難しくなります。
「この人は信用しても大丈夫」と思てもらうためには、申し込みの際にも注意が必要です。
申込の時に、虚偽や記入漏れ、記入間違いがあったのでは、信用を失っても当然と言えるのではないでしょうか。
どうしても審査に通りたいと、他社からの借入額をごまかしたり、勤務先を偽る人もいるかもしれません。
しかし、この行為をしてしまうと即審査落ちです。
記入漏れや記入間違いも信用を失う原因ともなることから、申込時には何度も確認をして、正確な情報を申告することが大切です。

 

正確な年収が分かる収入証明書を用意する

おまとめローンへ申し込んだ場合、大抵は収入証明書の提出が必要になります。
通常のカードローンの利用時でも、希望借入額次第で収入証明書が必要になることもあります。
収入証明書としては、2〜3ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票を準備しておくと良いでしょう。
たさし、可能であれば源泉徴収票を提出することをおすすめします。
というのも、2〜3ヶ月分の給与明細書を提出したとしても、毎月の収入幅がある人もいますから、正確な情報提供とはならないこともあるためです。
しかし、源泉徴収票なら一年間の正確な収入がわかり、金融機関も正確な情報を確認することで、適切な審査をすることができます。

 

おまとめの案内を待ってみる

おまとめローンを考えている人は複数社の借入があり、どうしても審査通過は難しい状況です。
そのため、少しでも審査が通りやすくなるように、1社でも完済実績を作ったりと、努力をすることも大切です。
とはいえ、どのタイミングで申し込みをしたらいいのか分からないという人もいるでしょう。
そんな人は、金融機関からのおまとめローンの案内を待ってみるのも一つの手です。
仮に案内が来た時には十分な信用もあると考えられ、審査通過の可能性も高いです。
案内が届くほどの信用を高める努力をしていくことも大切です。

 

審査に通らない人の特徴

おまとめローン とは

借入件数・借入総額が多い

審査に通らない人の特徴として、借入件数や借入総額が多いという特徴があります。
通常のキャッシングやカードローンの審査でも、借入件数が3件以上あると審査通過は難しいと言われています。
ただでさえ審査通過が難しいと言われるおまとめローンでは、借入件数が多い人は審査に通らない可能性が高いです。
また、借入総額も大きな影響を与えます。
この影響はその人の収入によっても異なり、収入に対して借り入れの比率が高い人ほど審査通過は難しい状況です。
これらの点が気になっている人は、まず借入状況を改善させてからの申し込みが重要です。

 

勤続年数が短い

継続安定した収入は、借入をする場合は必ず求められるポイントです。
おまとめローンは高額な借り入れとなるケースが多いため、審査でも特に継続安定した収入は重視されます。
継続安定した収入の判断基準の一つが、勤続年数です。
いくら収入が多くても、半年以下の勤続年数では、継続安定した収入とは判断されません。
勤続年数が短いために審査落ちをしてしまう人もいます。
逆にパートやアルバイトの人でも、何年も勤続年数があれば、審査通過の可能性が高いです。
おまとめローンの申し込み時には、十分な勤続年数を積み重ねてからの申し込みをしましょう。

 

短期間で複数社へ申し込みしている

おまとめローンが利用できれば、返済が楽になるなど大きなメリットがあります。
そのため、審査落ちしたとしても諦めず、別の金融機関に次々に申し込みをする人がいます。
また、審査結果が出る前に複数社の金融機関に申し込みをする人もいるかもしれません。
どうしてもおまとめローンを利用したい人なら当然のような行動ですが、複数社への申し込みは、大きく信用を失う行為です。
この行為は申し込みブラックと呼ばれ、審査落ちの原因となります。
申し込みは月に2回までとし、それ以上申し込みをする場合は、信用情報の申し込み記録が消える6ヶ月は待って申し込みをしましょう。

 

信用情報に傷がある・住宅ローンなどの負担が大きい

審査落ちの原因として、信用情報や住宅ローンも影響します。
審査を受ければ必ず信用情報を確認されることになります。
この信用情報に返済の遅延や債務整理など金融事故の情報が記録されている状態を「信用情報に傷がある」と言い、審査落ちの原因となります。
確実に返済ができるかどうかは以前の利用実績によって判断され、他社で遅延などをしているようでは、信用できないと審査落ちになってしまうのです。
また、住宅ローンがある人も審査落ちの可能性が高くなります。
特に、住宅ローンの負担が多い人は、生活にも大きな影響を与えていることから、返済が困難になる人もいて、おまとめローンの審査通過にも影響します。

 

おまとめローン申込前に知っておくべきポイント

おまとめ後の追加融資はできない

複数の借入をまとめる場合、おまとめ専用のローンや通常のカードローンを利用する方法があります。
このうち、おまとめ専用ローンを利用すると、追加融資はできず、返済専用のローンとなると考えておきましょう。
通常のキャッシングやカードローンは利用目的が自由で、利用限度額内であれば何度も借入をすることができます。
しかし、おまとめ専用ローンは、自動車ローンや住宅ローンと同じく目的ローンとなるため、基本的に返済専用のローンとなります。
おまとめローンといっても、中には追加融資も可能な商品もありますから、追加融資を考えている人は、目的の商品をよく確認してから申し込みをしましょう。

 

おまとめローンと借り換えの違い

おまとめローンとよく似たローンの一つに、借り換えローンがあります。
おまとめローンの利用を考えている人には、借り換えローンとの違いがよく分からない人もいるのではないでしょうか。
おまとめローンと借り換えローンとの違いは、元も借入が複数か単数であるかの違いです。
おまとめローンが複数社の借入を一本化するのに対し、借り換えは単独の業者同士の変更となります。
また、おまとめローンと借り換えローンとでは利用目的の違いがあります。
おまとめローンでは借金をすべて完済するのが大きな目的ですが、借り換えは、より利用条件の良い借り方をするために利用されます。

 

パートやアルバイトのおまとめは難しい

消費者金融のおまとめローンでは、パートやアルバイトで安定した収入があれば、主婦や学生でも利用できることになっています。
しかし、銀行が提供するおまとめローンの中には、年収が200万円以上必要であったり、雇用形態が正社員や派遣社員、契約社員が対象といった条件があるケースもあります。
このようにおまとめローンであっても、パートやアルバイトでは利用が難しいこともあると知っておきましょう。
また、借入額が高額となるため、銀行カードローンであっても、専業主婦がおまとめローン目的での利用も難しいと考えておく必要があります。

 

審査なし!ブラックOK!は悪徳業者の可能性大

聞いたこともないような業者を利用する時には、おまとめ詐欺に注意をしましょう。
おまとめローンを審査なしで利用できると誘い、実際に利用しようとするとまとめるのは無理と言われ、良い弁護士を紹介するからと債務整理を勧められ、手数料や保険料を騙し取るという手口があります。
また、おまとめローンを利用するには、利用実績が必要と言われ、消費者金融からお金を借りて、そのお金を送金するように求められ、その後は連絡が取れなくなるという詐欺もあるようです。
審査なし、ブラックOK、などの甘い謳い文句、あるいは通常では考えられない低金利を提示しているような業者は、悪徳業者の可能性が大なので注意をしましょう。

 

おまとめローンを選ぶ時のポイント

審査に通りやすいのは消費者金融

おまとめローンの審査はどうしても厳しいものになると考えておく必要があります。
複数社からの借入をしている、借入総額が多いという理由から審査が厳しくなり、申し込んでも審査に通らないのではと不安を感じる人は多いようです。
そんな人は消費者金融でのおまとめローンが最適です。
消費者金融の方が銀行カードローンよりも比較的審査は緩めです。
その理由として、銀行カードローンは金利が低い、限度額が大きいという点があげられます。
これらの点は利用者にとっては大きなメリットとなるのですが、条件がいい借り入れほど審査は厳しくなります。
審査に自信がない人は、消費者金融の利用をおすすめします。

 

金利重視なら銀行カードローン

金利重視なら銀行カードローンを迷わず選びましょう。
消費者金融のおまとめ専用ローンも通常のキャッシングよりは低めの設定となっていますが、それでも銀行カードローンの方が金利が低い商品は多くあります。
特に年収が多く、雇用形態も正社員といった人の場合には、信用情報に傷が付いていなければ、審査は問題なく通過する可能性があり、金利などの条件重視で選んだ方が、よりお得なおまとめをすることができます。
おまとめローンを利用しても、利息の負担は総返済額に大きな影響を与えます。
少しでも金利の低い商品を選び、返済を楽にしましょう。

 

おすすめのおまとめローンをご紹介!

提携ATMの利用手数料が無料!オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、おまとめローンとして利用することができます。
利用できるATMは、2016年5月末現在で全国に95,000台以上もあり、借入・返済とも手数料は終日無料となっています。
そのため、提携ATM手数料が気になっている人には最適なカードローンです。
限度額は800万円、金利は年1.7%〜17.8%となっていて、上限金利を見ると消費者金融と変わらない高い金利となっていますが、下限金利は業界の中でも低水準です。
このことからも、借入額が多い人ほどお得になるカードローンであることがわかり、提携ATM手数料が気になる、借入総額が多い人に向いています。

 

限度額300万円以下は収入証明書不要!三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンもおまとめローンとして最適な商品です。
三井住友銀行の口座を持っていない人でも利用でき、審査時間は最短30分です。
三井住友銀行のATMはもちろん、提携コンビニATMの手数料も無料となっています。
限度額は800万円、金利は年4.0%〜14.5%です。
下限金利はオリックス銀行の方が明らかに低いのですが、上限金利は銀行ならではの低金利で、借入額が少ない人にも最適なカードローンとなっています。
300万円までの借入なら収入証明書は不要となっていることもあり、300万円までの借入が希望、少しでもお得な金利で利用したい人には最適です。

 

限度額は最大800万円!モビット

プロミスやアイフルには、おまとめ専用ローンが用意されていますが、少し限度額が低いため、大きな借入をまとめたいと考えている人におすすめなのがモビットです。
モビットではおまとめ専用のローンが用意されているわけではありませんが、限度額が最大800万円までとなっていて、銀行と変わらない高額な借り入れも可能です。
気になる金利は年3.0%〜18.0%です。
上限金利はオリックス銀行よりも高い設定となっていますが、下限金利は三井住友銀行よりも低いです。
そのため、借入総額が多い人ほど、お得なおまとめローンとして利用することができます。
審査が厳しい銀行の利用を避けたい人は、モビットを利用することも考えてみましょう。

 

まとめ

おまとめローンを利用することにより、金利が下がる、月々の返済額が下がる、総量規制対象外で借り入れができるなどのメリットがあります。
メリットだけでなく、返済総額が増えてしまうこともありますし、審査が厳しいのも大きなデメリットです。
おまとめローンを利用するには、おまとめの希望を伝える、1社でも完済実績を作る、正確な情報を申告するなどのいくつか審査に通るためのコツがあります。
ただし、パートやアルバイトでは利用が難しい、悪徳業者には気をつけるなど、利用する前に知っておくべきこともあります。
おまとめローンを選ぶ時には、審査が気になる人は消費者金融、金利重視なら銀行カードローンがおすすめです。
上手く利用して、借金の返済を楽にしていきましょう。