おまとめローン 方法

おまとめローンの方法を徹底解説!借金完済への近道とは

複数のキャッシングやカードローンを利用していて、いつまでも借金が減らないという方もいるのではないでしょうか。
借金が減らない理由の一つに、利息があります。
借金が多すぎて返済が追い付かないというケースもあるのですが、利息が原因となっているケースが大半です。
キャッシングやカードローンの金利は、自動車や住宅ローンとは違い、とても高い水準に設定されています。
そのため、毎月コツコツと返済を続けていたとしても、返済額の多くが利息に充当され、元金がなかなか減りません。
こういった利息の負担を減らし、借金完済の近道となるのがおまとめローンです。
このページでは、おまとめローンについて徹底解説していきます。

 

おまとめローン 方法

おまとめローンで借金をまとめる事のメリット

金利が下がる

おまとめローンのメリットとしてまずあげられるのが、金利が下がるということです。
金利が下がれば、毎月支払う利息も減ることになります。
キャッシングやカードローンの金利は利用限度額によって決められ、利用限度額が多ければ金利が低く設定され、利用限度額が少なければ金利は高い設定になります。
他社からの借入をまとめることで、総借入額が増え、金利も低くなるというわけです。
毎月の返済額が同じでも、返済額に含まれる利息分の比率が多ければ、借金は減りにくくなります。
金利が低く設定されると、今までと同じ返済額であっても、完済までのスピードは上がるのです。

 

複数の借入先を一本に絞れる

おまとめローンを利用することで借入先を一本に絞ることができ、返済先が一社となる点もメリットの一つです。
金融機関からお金を借りれば、毎月の返済がとても重要です。
もしも返済が滞れば信用情報に傷が付くことになり、その後のあらゆるローンに影響を与えます。
しかし、複数社の借入先があると、どうしても返済日を忘れてしまいがちです。
おまとめローンで借入先を一本化できれば、返済忘れの防止にもつながります。
確実に返済した事実が信用情報に記録されれば、今後新たに借入をする際でも、プラスの材料となるでしょう。
また、返済が1社ですむということは、精神的にも非常に楽になります。
複数の借入先を管理する必要がなく、月に1回の返済でコツコツ返していく方が気分的に楽ですし、管理も非常に簡単です。

 

毎月の返済金額を下げられる

リボ払いで返済をしていると、なかなか借金が減りません。
リボ払いは毎月の返済金額が一定で返済が楽なのが特徴なのですが、返済金額の中に利息分が多く含まれ、元金そのものがなかなか減りません。
また、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは金利が高いため、借金がなかなか減らない理由の一つになっています。
おまとめローンを利用すると金利が低くなり、利息負担が減ることにより、毎月の返済金が下げられるメリットもあります。
おまとめローンは、毎月の返済負担が大きいという方にとって大きなメリットがあるのです。

 

総量規制対象外で借入できる

おまとめローンは、総量規制対象外で借り入れができる点もメリットです。
総量規制とは、貸金業法に定められた「貸金業者は利用者の年収の1/3までしか貸付できない」という決まりのことです。
消費者金融には総量規制があるため、なかなか高額な借入をすることができません。
そのため、複数社から少額の借り入れをしていたという方もいるのではないでしょうか。
しかし、利用者に一方的に有利になるような借り換えの場合は、総量規制の対象となりません。
おまとめローンは、金利が下がるなど利用者に有利に働く借り換えですから、総量規制の対象とはならず、年収の1/3以上の借入も可能です。
複数社から借入をしてしまい、総量規制の制約を受けているという方は、おまとめローンの利用を考えてみましょう。

 

住宅ローンもおまとめできる!

住宅を購入する際に、土地と建物は別のローンを組んでいたり、新たに家を建てたことで、複数の住宅ローンを抱えている方もいるでしょう。
複数の住宅ローンもおまとめローンで一本化することが可能です。
そうすれば、キャッシングやカードローンのように、金利がお得になったり、返済が楽になるというメリットがあります。
住宅ローンはとても大きな借入ですから、「毎月の返済に追われて生活が苦しい」という方も多くいるようです。
複数の住宅ローンを利用している方は、少しでも返済を楽にするために、今借りている銀行におまとめローンの相談をしてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンで一本化した時のデメリット

審査が厳しい

メリットしかないように思えるおまとめローンにも、デメリットがあります。
その一つが審査が厳しいということです。
借入審査では、借入額が大きくなるほど審査は厳しくなります。
複数社の借入をまとめるということは、必然的に借入額も多くなるということで、審査も厳しくなってしまうのです。
また、金利の低さも審査に影響すると考えておきましょう。
おまとめ専用のローンは低金利なのが魅力なのですが、一般的に低金利な金融機関ほど審査は厳しい傾向にあります。
「消費者金融は緩めで、銀行カードローンは審査が厳しい」と言われていますが、消費者金融と銀行カードローンとでは金利に大きな差があるため、審査の厳しさにも影響を与えています。
このように、おまとめローンの審査は通常のローンよりも厳しくなると考えておきましょう。

 

トータルの返済金額が増えるケースがある

おまとめローンでは、金利が下がり、毎月支払う利息が減るというメリットがあります。
そのため、トータルの返済金額が減ると考えている方も多いはずです。
しかし、借入総額が増えることにより、返済期間が長くなってしまい、結果的に総支払利息が増えてしまい、トータルの総返済金額も増えるケースがあります。
特に、毎月の返済額が減った場合、返済期間が延び、総返済金額が増える可能性が高くなります。
そのため、おまとめローンの利用前には入念な返済計画を立てることが重要です。

 

全額を借り換えられないケースがある

複数社の借入をまとめるといっても、人それぞれ借入総額には大きな差があります。
例えば、借入総額が100万円以下の方もいれば、数百万円になるという方もいるでしょう。
少額であれば問題なくおまとめローンが利用できても、高額となると、審査の結果一部しか借り入れできないかもしれません。
おまとめローンにも当然審査がありますから、仮に300万円の融資を希望しても200万円の融資しか認められないこともあるのです。
借入総額から判断して、「全額まとめると返済が難しい」という判断を受ければ、一部の借入しかできないかもしれません。
そのため、借入総額が多いという方は、複数社ある借入を一社でも減らしてから申し込みをすることをおすすめします。

おまとめローン返済のポイント

ATMの利用手数料に注意!

返済する時には、利用する金融機関の返済方法を確認しましょう。
一般的な返済方法は、口座振替や指定口座への振込、ATMからの返済の3種類です。
このうち、ATMは夜間でも利用できるため便利なのですが、1点だけ注意していただきたいのが利用手数料です。
ATMの利用手数料は、金融機関によって必要となることもあれば、全ATM手数料無料ということもあります。
しかし、返済をするたびにATM手数料が必要になるのでは、無駄な出費が増えることになります。
ATM手数料が無料となっているおまとめローンを選ぶことで、無駄な出費を抑えられるのです。
もしもATMの手数料が必要な場合は、口座振替が便利でしょう。
口座振替なら手数料も必要なく、口座への入金を忘れさえしなければ、返済することができます。

 

返済日は必ず守る

おまとめローンの返済では、必ず返済日を守りましょう。
返済日を忘れてしまうと、無駄な出費を増やすことになります。
というのも、返済が遅れた場合、返済日から遅延損害金が発生します。
おまとめローンを利用して金利が低くなっても、返済忘れを頻繁にしていたのでは、遅延損害金によって無駄な出費を増やすことになるのです。
また、返済忘れによって信用情報に傷が付いてしまいます。
金融機関を利用していくためには信用情報はとても重要ですから、返済日は忘れることのないよう注意してください。

 

返済シミュレーションをしてみる

確実な返済を続けていくためには、返済計画が重要です。
おまとめローンを利用したことで余裕ができると、その分のお金を自分の趣味のために使って余裕がなくなり、他社からお金を借りるという悪循環を繰り返す方もいます。
しかし、これでは、いつまでたっても借金を完済することはできません。
借金返済のためには、今の収入や生活費などを考慮して無理のない返済計画を立てましょう。
この時に役立つのが返済シミュレーションです。
返済シミュレーションを利用することで、借金を完済するためには、どのくらいの利息が必要になるのかなどもするにわかります。
大抵の金融機関は、公式ホームページに返済シミュレーションがあります。
無料で利用できるので活用してみましょう。

おまとめローンおすすめランキング

前年度の年収が200万を超えていればOK!イオン銀行のネットフリーローン

イオン銀行のネットフリーローンは、金利が年3.8%〜13.5%、限度額は30万〜700万円です。
利用するためにはイオン銀行の口座を持っている必要がありますし、原則として前年度税込み年収が200万円以上の方でないと利用できません。
しかし、銀行カードローンということで、総量規制による制限なく利用することができます。
ただし、学生や専業主婦、年金受給者の方は利用することができません。
すでにイオン銀行口座を持っていて年収が200万以上ある方は、まずイオン銀行のネットフリーローンへの申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。

 

限度額が500万円!アイフルのおまとめMAX

大手消費者金融のアイフルは、おまとめローンに最適なおまとめMAXという商品を用意しています。
金利は年12.0%〜15.0%、限度額は1万円〜500万円です。
限度額が500万円までとなっているので、借入総額が多い方でも利用できるのですが、気になるのが総量規制ではないでしょうか。
通常、消費者金融からの借入は総量規制の対象となるのですが、おまとめMAXは総量規制対象外となる商品で、借入総額が年収の1/3を超えている方も審査を受けることができます。
ただし、総量規制対象外といっても、収入のない専業主婦は利用することができません。
アイフルが利用しやすい方は、おまとめMAXでの借金一本化を考えてみましょう。

 

消費者金融なのに総量規制の対象外!プロミスのおまとめローン

プロミスにも、アイフルのようにおまとめローンがあります。
限度額は300万円まで、金利は年6.3%〜17.8%となっています。
上限金利を見るとアイフルの方がお得に感じますが、下限金利が非常に低いため、借入額が多い方ほどお得なおまとめローンであることがわかります。
プロミスのおまとめローンも、消費者金融が提供する商品ですが、総量規制対象外となります。
そのため、年収の1/3以上の借入がある方でも審査を受けることができます。
おまとめローンを利用するためには、利用者本人に安定した収入が必要です。
専業主婦では利用できませんが、パートやアルバイトで収入がある主婦や学生であれば利用できます。

 

テレビCMでもお馴染み!三菱東京UFJ銀行カードローン

俳優の阿部寛さんが起用され、テレビCMでもお馴染みの三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックですが、実はおまとめローンとして利用することもできます。
バンクイックは、おまとめローン専用ではありませんが、低金利、高限度額であるため、おまとめ目的の方にもピッタリです。
具体的に、金利は年1.8%〜14.6%、限度額は500万円ですから、おまとめできれば金利が下がる可能性が高いのではないでしょうか。
また、バンクイックには、テレビ窓口という自動契約機が設置されている点も特徴で、大手消費者金融のようにその場で申し込みから契約、カード発行まで受けられます。
さらに、総量規制対象外で専業主婦でも利用できる銀行カードローンです。

 

最短で即日利用ができる!みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは即日融資が可能で、限度額が1,000万、エグゼクティブプランであれば金利が年3.0%〜7.0%という、魅力的なカードローンです。
みずほ銀行カードローンではエグゼクティブプランとコンフォートプランがあり、利用者が選ぶことはできません。
コンフォートプランとなっても金利は年3.5%〜14.0%、限度額は1000万円です。
銀行ということもあり、総量規制対象外で年収による制限は受けませんし、専業主婦でも利用することができます。
なお、みずほ銀行カードローンは即日融資が可能ですが、即日融資を受けるためには、みずほ銀行口座を持っている必要があります。

 

専業主婦も利用できる!楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの限度額は800万円、金利は年1.9%〜14.5%で、おまとめローンとして利用できるカードローンです。
希望借入額が300万円以下であれば収入証明書の提出も不要です。
専業主婦でも利用できるカードローンとして知られていますし、パートやアルバイトで安定した収入を得られている人も利用可能です。
楽天グループということもあり、入会することで楽天スーパーポイントがもらえる特典があります。
普段から楽天市場を利用している方は、まずは楽天銀行スーパーローンから申し込みをするのもいい方法です。

おまとめローンで借金を一本化するまでの流れと手続き方法

おまとめローン 方法

 

まずは自分の借金の内訳を把握する

おまとめローンに申込する前に、まずは自分の借金の内訳を把握しましょう。
そのためには、「どの金融機関からどの程度の借り入れがあるのか」を書き出してみることをおすすめします。
なかなか借金が減らない方は、今どの程度の借金があるのかを把握していないことが多いようです。
これでは計画的な返済も難しいと言わざるを得ません。
今どの程度の借り入れがあるかによって、おまとめローン選びも変わってきます。
自分に合ったおまとめローンを利用するためには、まず今の自分の状況を確認する必要があります。
今の自分の状況を確認するためにも、借金の内訳を把握することは重要です。

 

利用限度額・支払い期間・利息をチェック

どの金融機関から、どの程度の借り入れをしているのかを書き出したら、次は、金融機関ごとに、利用限度額、支払期間、利息をチェックしてみましょう。
実際にここまで書き出してみると、どのくらいの金利でお金を借りているのか、今の状況では完済までにどの程度の時間が必要なのかもわかってきます。
今の状況を踏まえて、どのようなおまとめローンがお得なのか、どのような金融機関なら楽に完済ができるのかも見えてきます。
おまとめローンを利用したのに、結局他社でまとめた方が得だった、あまり意味がなかったといった後悔をしないためにも、しっかりと自分の借金の内訳を把握して、細かくチェックしてみましょう。

 

おまとめローンの審査に申し込む

今の自分の借金の内容が把握できたら、審査に申し込みをします。
おまとめ専用ローンを利用する場合には、消費者金融でも総量規制対象外となるため、「年収の1/3まで」という制限を気にする必要はありません。
今利用している金融機関が3社以下なら、おまとめローン専用を利用するよりも、通常の銀行カードローンを利用した方が審査に通りやすいでしょう。
専用ローンとなると審査が厳しいのですが、通常のカードローンでも十分におまとめローンとして利用できるのなら、無理に専用ローンを利用する必要はありません。
借入件数が4件以上ある場合には、通常のカードローンでも利用は難しいかもしれません。
この場合には、まず借入先を1社でも減らす努力が必要になります。

おまとめローンの審査に通る為のポイント

 

申し込み時の嘘は絶対NG!

審査落ちの原因となるケースとして、意外に多いのが虚偽の申告です。
返済に困っている方は、どうしても審査に通りたいと思い、申し込みの時に嘘の申告をしてしまうことがあります。
年収が高い方、勤務先が大手企業や公務員の方、他社からの借入が少ないという方は、審査に通りやすいのは事実です。
だからといって、申込書に嘘の申告をしてしまえば、その嘘が発覚した時点で審査落ちとなってしまいます。
また、嘘の申告でなくても、記入ミスが嘘の申告と判断されてしまうケースも考えられます。
そのため、申込の際には細心の注意を払って記入し、提出前には何度もチェックをしましょう。

 

短期間に複数社へ申し込まない

申込ブラックという言葉をご存知でしょうか?
申込ブラックとは、短期間に複数社へ申し込みをしてしまうことですが、実は金融機関から大きく信用を失ってしまいます。
というのも、申込件数が多い方は、それだけお金に困っている可能性が高く、貸し倒れの危険性が高いと判断されてしまうことがあるからです。
申し込みをすれば、その事実は信用情報に記録され、他の金融機関も申し込みの記録を確認できる状態となります。
その事実が確認された時点で審査落ちとなるケースもありますから、一月の申し込みは2社程度までにしておきましょう。

 

収入証明書を用意する

通常のキャッシングやカードローンでは、一定額までは収入証明書が不要となります。
しかし、おまとめローンでは借入額も高額となるため、収入証明書が必要となるケースが多いようです。
そのため、申し込みをする時には、収入証明書も準備しておくことをおすすめします。
仮に、300万円のおまとめで、300万円までの借入なら収入証明書が不要と明記されている金融機関でも、場合によっては収入証明書の提出を求められることがあります。
すぐにおまとめローンを利用したいのに、収入証明書を準備していなかったために、手続きがスムーズに進まず、審査に時間がかかってしまうことも考えられます。
そうならないためにも、収入証明書は事前に準備しておきましょう。

 

勤続年数や過去の信用情報も重要

おまとめローンの審査に通るためには、「安定した収入を得ていること」が重要なポイントです。
安定した収入というのは、「継続して一定額の収入を得ている」という点が重要で、この点をチェックするときに参考にされるのが勤続年数です。
勤続年数が長ければ、年収が少なくても、それだけ安定した収入を得られていると判断され、審査でもプラス要素となります。
おまとめローンを利用する場合には、1年以上の勤続年数は必要になると考えておきましょう。
また、信用情報も重要です。
どんなに収入が多くても、過去の信用情報に延滞や未納記録が多ければ、審査に通るのは難しくなります。
おまとめローンで一本化するまでは、今利用している金融機関への返済は確実にしておく必要があります。

 

必要以上の金額を申し込まない

審査に通るためのコツとして、必要以上の金額を申し込まないことが大切です。
少しでも高めの利用限度額を設定してもらうために、申込時の希望借入額を高めに記入する方がいます。
しかし、希望借入額を高めに記入すると、審査通過が難しくなります。
一般的に、借入額が少ないほど審査は緩くなると考えられます。
低めの借入額なら審査通過の可能性があったのに、高めの希望額によって審査落ちをしてしまったということも起こります。
少しでも審査通過の可能性を高めるために、希望借入額は必要最低限の金額を記入しましょう。

 

おまとめの案内を待ってみるのも一つの手!

おまとめローンの審査は厳しく、簡単には審査に通過しないと考えておく必要がありますし、審査に大きな不安を感じている方もいるでしょう。
そのような方は、金融機関からの案内を待ってみるのも一つの方法です。
おまとめローンは高額な融資となるケースが多いですから、月末や年度末など、営業目標の達成が難しいという時には、金融機関側からおまとめローンの案内が送られてくることがあります。
このような案内が来たときには、お得な金利設定となっているケースもありますし、審査通過率も高いようです。
とはいっても、案内は誰もでも送られてくるわけではなく、審査通過の可能性が高い方を選んで送られると考えられます。
この案内が来るまで、確実な返済を続け、一社でも完済させる努力をすることで、優良顧客と判断され、おまとめの案内が届く可能性を高めることもできます。

悪徳業者には要注意!

おまとめ詐欺で保証料を取られる

おまとめローンを利用した詐欺のケースとして、保証料を請求する手口があります。
おまとめローンを利用するためには、まず保証料を支払ってもらう必要があると言われ、その保証料を騙し取る手口です。
保証金を支払うと、その後は全く連絡が取れなくなり、まんまと騙し取られてしまいます。
正式に登録を済ませている金融業者で、おまとめローンを利用するために保証金が必要になる業者はまずないと覚えておきましょう。
申し込みをする前からお金が必要となるような業者は悪徳業者と考え、このような業者とは連絡を取らないことが大切です。

 

審査通過後に債務整理をすすめられる

保証料を騙し取る方法以外にも、審査通過後に債務整理を勧めてくる手口があります。
審査通過をしたと連絡をして、実際に店舗に行ってみると、融資を受けることはできず、その代わりとして債務整理をするために優秀な弁護士を紹介すると、高額な紹介料を請求するという手口です。
このような金融業者は当然違法ですし、紹介された弁護士も違法行為となります。
悪徳業者は、多重債務に苦しむ方の弱みにつけこみお金を騙し取っていきます。
このような詐欺にひっかからないためにも、知名度の高い金融機関を利用しましょう。

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合

1社でも完済してから再度申し込む

おまとめローンの審査に落ちてしまう原因が借入額の多さです。
借金が多くても、返済能力があると判断されると、おまとめローンを利用することができるのですが、返済がどうにもならないような状況で申し込みをする方もいます。
金融機関も、申込者の返済能力を見抜くすべを持っていますから、このような状況では審査落ちの可能性が高いでしょう。
審査に落ちてしまった場合には、1社でも完済してから申し込みすることをおすすめします。
そうすれば、返済能力があることを金融機関に示すことができ、再度申し込めば審査通過の可能性も高まります。

 

任意整理や自己破産も視野に入れる

1社でも完済すれば十分におまとめローンの審査に通過する可能性は高まるのですが、それもできそうもないという方は、任意整理や自己破産も視野に入れましょう。
キャッシングやカードローン、クレジットカードでのリボ払いは、毎月の負担が少ないことで利用者も多いのですが、その便利さからつい使い過ぎてしまい、債務整理をするという方が多くいます。
債務整理をしてしまうと一定期間お金を借りることができなくなることから、どうしても避けたいという方もいるでしょう。
しかし、借金の返済のために無理に働き体を壊してしまったり、悪徳業者を利用したのでは、さらに状況は悪化してしまいます。
弁護士や司法書士に相談し、自分に合った解決法を見つけましょう。

まとめ

おまとめローンにより、金利が下がる、借入先を一本化できる、毎月の返済額を下げられる、消費者金融でも総量規制対象外でお金を借りられるというメリットがあります。
おまとめローンは、専用のローンもあれば、通常の銀行カードローンをおまとめローンとして利用することもできます。
利用前には、まずは自分の借金の内訳を把握して、利用限度額や支払期間、利息などもチェックしましょう。
審査に通るためには、申し込みの内容は正確に記入し、何度も確認してから提出をしたり、申込ブラック、事前の書類の準備、勤続年数や過去の信用情報も注意が必要になります。
おまとめローンを悪用した詐欺などにも注意し、返済が難しい時には信用できる弁護士や司法書士に相談することも大切です。