おまとめローン

複数の返済でお悩みの方必見!おまとめローンとは?

複数社から少額の融資を受けていると、利息がかさみ返済が大変になります。
この状況を解消してくれるのがおまとめローンです。
おまとめローンとは複数社の借入を一本化するというもので、1社からの借入総額が増えることから金利も低くなり、返済を楽にすることができます。
このおまとめローンとよく似たローンに借り換えがありますが、おまとめローンとの違いは、元々の借入が複数かどうかの違いです。
つまり、おまとめローンは複数社の借入をまとめるというもので、借り換えは低金利の借入先へ変更するということです。
このページでは複数の借入でお悩みの方のために、おまとめローンについて解説していきます。

 

おまとめローン

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットには月々の返済負担が減る、返済先が1社になるなどがあります。
複数社からお金を借りていると、生活費を除いたほとんどのお金を返済にあてる必要があるという人も多いでしょう。
しかし、おまとめローンを利用することにより毎月の返済負担を減らすことができ、毎日の生活にも余裕が出てきます。
また、複数社からの借入していると、うっかり返済を忘れてしまう可能性も高くなります。
おまとめローンを利用すれば返済先が1社となり、確実な返済を続けられるというメリットがあります。
これらのメリットについてさらに詳しく見ていきましょう。

 

金利が下がって利息が減る

おまとめローンの大きなメリットが金利が下がるという点です。
金利は利用限度額によって決まることになります。
利用限度額が少なければ上限金利が設定されることになりますが、利用限度額が増えれば増えるほど、それに伴い金利も低く設定されることになります。
多くの金融機関が毎月の返済額を定額にして利息の存在をわかりにくくしていますが、利息が高ければ、毎月の返済額の中に利息が占める割合が増えてしまい、なかなか借金が減らないということも起こります。
借金の返済では、この金利を低くすることが楽に返済することにつながります。

 

毎月の返済額が減る

毎月の返済額は借入額によって決められますが、この返済額は各金融機関によって大きな差があります。
同じ借入額でも毎月1万円でもいいというところもあれば、2万円必要という金融機関もあり、返済額の違う複数の金融機関を利用することで、結果として毎月の返済額も増えるということが起こります。
返済額の少ない金融機関で借り入れを一本化してしまえば、毎月の負担を減らすことができます。
また、毎月の負担が減れば、それだけ生活にもゆとりが出てきます。
おまとめローンは毎月支払うことになる返済額を減らすことができるため、精神的なストレスも軽減できる点もメリットの一つです。

 

返済先が1つになる

おまとめローンとは複数社からの借入を一本化するというものです。
そのことで返済先が1社となり、毎月の返済を楽にすることができます。
複数社利用していたことで、いつも返済のことが頭から離れなかったという人も多いと思います。
おまとめローンを利用すれば、毎月1回の返済で済ませることができます。
また、返済先が一本化されることによって、返済忘れの可能性の軽減にもつながります。
もしも返済を滞納してしまうと、信用情報に傷が付く可能性もあり、今後の新たなローン審査にも影響を与える危険性があります。
おまとめローンを利用することは返済を楽にするだけでなく、信用情報に傷が付くリスクの回避にも役立ちます。

 

おまとめローンに成功した人の口コミ

年収400万円以上ある人が、3社からの金融機関から借入をしておまとめローンを利用したという人の声を見ることができました。
おまとめローンを利用する前は毎月11万円以上もの返済額だったそうですが、おまとめローンを利用したことで3分の1までに返済額が減ったそうです。
その他にも4社の消費者金融からお金を借り、毎月の返済が5万円だったのが約半分まで減ったといった声もあります。
このように、おまとめローンを利用したことで、毎月の負担を大幅に軽減させ、返済のためだけでに仕事をしていた人も、ゆとりある生活を取り戻すことができます。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを利用すれば、複数社の借入を一本化することができ、毎月の返済額も減らせます。
また、1社からの借入額が増えることで金利を下げることもできます。
これだけを見るとメリットしかないように見えますが、実はおまとめローンにもデメリットが存在します。
おまとめローンで借金の負担を減らすために利用したのに、結果として負担を増やすことになったり、利用法によってはおまとめローンが利用できなかったといったことも起こります。
このような失敗を防ぐためにも、デメリットも理解したうえで上手くおまとめローンを利用するようにしましょう。

 

返済期間が延びて総返済額が増えることも

1社からの借入総額が増えれば、それだけ金利も低くなります。
また、返済額が低いところを利用することにより、毎月の負担も軽減できるのですが、このことで返済総額が増えることもあります。
金利が低くなっているのなら、返済総額も減るのではないかと思ってしまいますが、毎月の返済額が少ないということは、それだけ返済する期間が延びるということです。
毎月の利息が減ったとしても、返済回数が増えれば結果として多くの利息を支払うことになり、返済総額も増えてしまうのです。
おまとめローンを利用する時には、繰り上げ返済などを利用して、早く完済する努力をする必要があります。

 

全額をおまとめできない可能性がある

おまとめローンの利用方法には、おまとめ専用のローンを利用する方法と、通常のカードローンを利用する方法があります。
専用ローンは通常のカードローンよりも低金利で利用することができるのですが、審査が厳しいというデメリットがあります。
この審査の厳しさから、低金利のカードローンを利用して複数の借入を一本化している人もいます。
しかし、通常のカードローンでは、希望している利用限度額が設定されるとは限りません。
ましてや、複数社からの借入をしている人の場合には、審査に通過しても少額の利用限度額しか設定されず、全額をおまとめできない可能性が高いのです。

 

おまとめローンに失敗した人の口コミ

借金額が30万円というフリーターの人がおまとめローンに申し込んで、残念な結果となったといった口コミがあります。
専用のおまとめローンではかなり審査が厳しいです。
そのため、フリーターといった人の場合では、確実な返済が難しいと判断され審査に通らない可能性があります。
また、審査では信用情報も重要です。
信用情報に事故情報が記録されている状態では、まずおまとめローンの審査は通らないと考えられます。
少しでも審査に通る可能性を高めるには、信用情報を綺麗な状態に保つ必要があります。
毎月の返済は確実に続けて、金融機関から確実な返済ができるという印象を与えられるような信用情報を作りましょう。

おまとめローンは審査が厳しい?

おまとめローンの審査は決して甘いものではありません。
大きなメリットがある分、審査はかなり厳しいものになると考えておきましょう。
おまとめローンの審査では信用情報が重視され、債務整理や遅延などの情報が記録されているブラックリスト状態となっていたのではまず審査通過はありえません。
複数社からの借入をしているという人は返済が大変で、どうしてもこのような状況に陥りやすいものです。
しかし、逆に考えれば、複数社からの借入があるにも関わらず、遅延が全くないという状態は返済能力が高いと判断される可能性もあり、おまとめローンの審査も通る可能性が高い人と考えられます。

 

審査が甘い!と謳う業者には注意が必要

多重債務によって借金苦となる人の多くが、以前に借りた借金の返済にあてるために、さらに借金を重ねてしまうという悪循環に陥るようです。
おまとめローンが利用できれば、毎月の返済苦からも解放されるのですが、現実は簡単ではありません。
そのため、借金苦の人の中には、審査が甘い、債務整理をしていても利用できると謡った業者の利用を考えるようになります。
このような甘い言葉を謳った業者は闇金であり、さらに借金を増やしたり詐欺被害に遭うことになります。
さらに苦しみを増やす生活を送らないためにも、甘い言葉には注意をしましょう。

 

申込時に「おまとめ目的」であると伝えよう

仮に通常のカードローンをおまとめ目的で利用するのであれあば、申込時に「おまとめ目的」であることを伝えることが大切です。
おまとめローンの利用では、今の借金を完済させたいという印象を与えることがポイントになります。
ここで他の目的で利用すると伝えてしまうと、さらに借金を増やすつもりなのかと、金融機関に不信感を与えかねません。
多重債務者であることだけでも、金融機関にはマイナスのイメージを与えてしまいます。
これ以上借金を増やさないといった印象を与えることが審査通過の可能性を高めることになります。

 

おまとめの案内を待つのも一つの方法

審査が厳しいおまとめローンを利用するのは、自分では無理と感じている人もいるかもしれませんね。
そんな人はおまとめローンの案内が来るまで待つという方法を考えてみましょう。
そんな案内がくるのかと思うかもしれませんが、金融機関では月末や年度末ごとに目標の融資額を設定して営業をしています。
おまとめローンでは高額な融資となるケースが多いですから、目標の融資額の達成が難しいという時には、おまとめローンの案内などが届くことがあります。
案内が届いたタイミングなら審査通過率が高く、通常の金利よりも低く設定されることもあります。
このような案内が届けられるように、確実な返済をして、借金を減らす努力を続けていきましょう。

おまとめローンの審査に落ちる人の特徴

おまとめローンが利用できれば、複数社の借入を一本化でき、毎月の返済の負担が減るため、多重債務で苦しんでる人には裏技のようなローンです。
しかし、おまとめローンを利用できるのは返済能力があると判断された人だけです。
多重債務者で返済ができそうもないという人は、まずおまとめローンの審査に通ることはないのです。
とすると、金融機関はどのような判断で返済能力を判断しているのか気になりますよね?
この点がわかっていれば、審査に通る可能性も高まることになります。
ここからは、審査に落ちる人の特徴を紹介しますので確認してみてください。

 

おまとめローン

 

他社借入が多い

審査落ちをする人の特徴として、借入件数や借入総額が多いということがあげられます。
おまとめローンの利用を考えている時点で、借入件数や借入総額は多いのですが、これは利用者の収入によっても違いがあります。
年収の多い人は、多少の借入件数や借入総額があったとしても、完済する能力はあります。
しかし、年収が少ない人は、2社程度で、100万円以下の借入でも返済が難しくなるかもしれません。
ここで大切なのが、今の借金を返済できる能力があるのかという点です。
おまとめローンに申し込みをする前には、1社でも多く完済するなどして、印象をよくしておくことが大切です。
1社でも完済するということは、返済能力が高いと判断される要素の一つとなります。

 

勤続年数が1年未満

返済能力の判断方法の一つに勤続年数があります。
勤続年数が短いという人の場合には、仕事を辞めてしまう可能性も高いと考えられ、返済が滞る心配があります。
しかし、勤続年数が長い人は、その会社でも重要なポジションにある人と判断され、今後も継続して勤務を続ける可能性が高いので、安定した収入を得られる人と判断されます。
このことからも、おまとめローンの審査では勤続年数が短い人ほど審査落ちの可能性が高くなります。
特に勤続年数が1年未満の人は要注意です。
審査に通る可能性を高めるためには、最低でも1年以上の勤務を続けてから申し込みをするようにしましょう。

 

信用情報に傷が付いている

即審査落ちにつながるのが、信用情報に傷が付いている人です。
延滞や債務整理などの金融事故を起こせば信用情報に傷が付き、このような状態の人がおまとめローンに申し込んでもすぐに審査落ちとなります。
すでに傷が付いているという人はどうしようもないのかと思ってしまいますが、延滞や金融事故の記録は一生残るというものではありません。
各信用情報機関によって情報が残る期間は違いますが、延滞なら短いところでは1年、長いところでも5年で消去されます。
債務整理に関しては、短いところでは5年、長いところでは10年です。
この期間を過ぎれば、信用情報の影響を受けることなく審査を受けることができます。

 

住宅ローンなどの負担が大きい

借金総額が多いとおまとめローンの審査には影響をするのですが、考慮されるのはキャッシングやカードローンの借金だけではありません。
住宅ローンなどの借金も考慮したうえでおまとめローンの審査可否を決めることになります。
住宅ローンは大きな借金となるので、住宅ローンを利用していれば、おまとめローンは利用できないと思ってしまいます。
しかし、あくまでも審査で重要になるのは負担が大きいかどうかです。
住宅ローンの毎月の返済額が大きいと、おまとめローンも審査落ちになる可能性が高まるのですが、この負担が少ない人なら、おまとめローンの審査通過の可能性もあります。
住宅ローンは借り換えもできますから、住宅ローンの負担が大きいという人は銀行に相談して負担を減らすのも一つの方法です。

 

短期間で複数の申し込みをしている

おまとめローンの審査落ちの原因として、多重申込み、申込ブラックがあります。
多重債務で苦しんでいる人の中には返済に困り、「どこかお金を貸してくれないか?」と1ヶ月の間に複数の金融機関に申し込みをしたという人もいるのではないでしょうか。
この行為は申込ブラックとも呼ばれ、審査落ちの原因となります。
短期間に複数の金融機関に申し込みをしていることで、かなりお金に困っていると判断され、大きなマイナスイメージを持たれてしまいます。
すでにこのような状態になっているという人は、6ヶ月間は申し込みをやめましょう。
信用情報の申込み情報は6ヶ月で消えます。
申込ブラックによって審査落ちをしていた人は、その情報が消えることで審査に通る可能性があります。

おまとめローンは消費者金融と銀行どっちがおすすめ?

おまとめローンは、消費者金融でも銀行でも利用することができます。
消費者金融では総量規制があるために高額の借入はできないと思っているかもしれませんが、この総量規制には例外があり、一定の条件を満たすことで総量規制対象外の借入となります。
また、おまとめローンを利用する上で重要になるのが金利です。
今の借入よりも高い金利でおまとめローンを利用しても、メリットはほとんどありません。
「金利なら消費者金融よりも銀行!」と思ってしまいますが、消費者金融のおまとめローンを利用すれば、銀行よりもお得になるケースもあります。
おまとめローンを利用する時には、金利や利用条件をよく比較して選ぶことが大切です。

 

大手消費者金融のおまとめローンを比較

アイフルでは「おまとめMAX」という専用ローンが用意されています。
融資額は500万円までで、金利は12.0%〜15.0%となっています。
プロミスのおまとめローンは、融資額が300万円まで、金利は6.3%〜17.8% です。
アコムには専用のおまとめローンはありませんが、借り換え専用ローンが用意され、このローンの融資額は300万円まで、金利は7.7%〜18.0%です。
300万円のおまとめであればプロミスの金利が低いですし、100万円未満であればアイフルが低金利です。
この金利は銀行と比べてもそん色なく、消費者金融でもお得におまとめできることがわかります。

 

銀行のおまとめローンを比較

オリックス銀行の融資額は最高800万、金利は3.0%〜17.8%です。
東京スター銀行には専用ローンであるスターワンバンクローンが用意され、限度額は最高1,000万円、金利は5.8%〜14.8%となっています。
楽天銀行カードローンはおまとめローンとして利用することもでき、限度額は最大800万円、金利は1.9%〜14.5%です。
オリックス銀行カードローンは上限金利が高く、少額のおまとめローンとしては向いていないことがわかります。
楽天銀行は上限金利が14.5%と、少額の利用でも金利がお得ですし、下限金利でも魅力的な金利設定となっていて、少額のおまとめから高額のおまとめまで利用できるカードローンです。

 

返済のシュミレーションをしてみよう!

おまとめローンは、一本化できるだけでなく、返済額や利息を減らすことができるのですが、どんなに年率金利が低くても、返済期間が延びることで総返済額が増えることもあります。
お得におまとめローンを利用するためにも、返済シミュレーションをすることをおすすめします。
金融機関によっては誰でも返済シミュレーションが簡単にできるページが用意されています。
例えばプロミスでは、返済金額、返済期間、借入可能額のシミュレーションができるようになっていますし、返済期間によって返済総額がどのように変わるのかすぐにわかる返済早見表を見ることができます。
返済期間によってどれだけ総返済額が変わるのかを確認して、早めの返済を心掛けましょう。

おまとめローンQ&A

多重債務がある人にとっておまとめローンは魅力的なのですが、審査が厳しく、主婦やアルバイトは利用できないのではないかという疑問を持っている人もいるかもしれませんね。
また、おまとめローンを利用した時の融資金はどうなるのかと疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?
自分の手元にお金が入ってから、複数社に自分で返済することになるのか、それとも借入先に直接入金されるのかという疑問があると思います。
おまとめローンを利用したことのある人も少なく、様々な疑問があると思いますので、これらの疑問についても解説していきますね。

 

主婦やアルバイトでもおまとめローンは利用できる?

おまとめ専用ローンでは、主婦やアルバイトは利用できないという商品もありますが、通常のカードローンをおまとめローンとして利用する場合には、問題なく申し込みができます。
ただ、収入のない専業主婦では利用するのは難しいと考えておきましょう。
おまとめ専用のローンは高額融資になるケースが多く、本人に安定した収入がないのでは利用は難しいです。
通常のカードローンでも複数社からの借入がある専業主婦では、まず利用できないと考えておきましょう。
主婦やアルバイトで専用ローンの利用を考えている人は、しっかりと利用条件を確認してから申し込みをする必要があります。

 

借入先への返済は自分でするの?

おまとめローンを利用した時に、他社からの借金をどうやって返済するのかと疑問を持っている人も多いと思でしょう。
自分で返済するのと、審査に通過後に返済までしてくれるのとでは、大きく違います。。
自分の手元に入金されるのであれば、返済以外にも利用することもできますよね。
これは、専用ローンであるかどうかで違ってきます。
おまとめ専用ローンでは、元々の借入先に直接入金され、後は基本的に新たな借入先へ返済をしていくだけです。
しかし、通常のカードローンをおまとめローンとして利用するといった場合には、自分で借入をして、各金融会社に返済をすることになります。

おすすめのおまとめローンランキング!

各金融機関によっておまとめローンが利用しやすいかどうかが違ってきます。
金融機関によっておまとめローンに積極的なところもあれば、そうでないところもあり、利用するのならおまとめローンに積極的な金融会社を選びたいものです。
そこで、おまとめローンに積極的でメリットのあるおまとめローンランキングを紹介したいと思います。

 

保証会社がおまとめローンに強い!オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンを1位とした理由が、保証会社がおまとめローンに強いという点です。
審査基準は保証会社によって変わってくるのですが、オリックス銀行カードローンの保証会社はオリックスクレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の2社です。
この2社の中でも新生フィナンシャル株式会社はおまとめローンに強い会社と言われています。
2社の保証会社となっているため、オリックスクレジット株式会社で審査落ちをしても、おまとめローンに強い新生フィナンシャル株式会社がしっかりと審査をしてくれ、この審査に通ればおまとめローンが利用できます。
オリックス銀行カードローンは限度額が高めの設定となっていることからも、高額のおまとめローンにはぜひ利用したい銀行です。

 

おまとめ専用の乗り換えローン!東京スター銀行

東京スター銀行では、おまとめローンと乗り換えローンの2種類用意され、多重債務で困っている人から、今の金融機関に満足していないという人までおすすめの銀行です。
通常のおまとめ専用のローンでは追加融資はできず、利用すればただ返済をするだけです。
これでは、今の借金の返済を楽にすることはできても、返済中に急な出費によってお金が必要という時には対応することができません。
しかし、東京スター銀行のスターワンバンクローン(おまとめローン)では利用限度額内での追加融資が可能です。
主婦やアルバイトは利用することができませんが、契約社員や派遣社員など、正社員でなくても利用することは可能です。

 

利用限度額は1000万円!みずほ銀行おまとめローン

みずほ銀行カードローンでは、おまとめ専用ローンは用意されていませんが、圧倒的に金利が低いカードローンで、おまとめローンには最適です。
年3.0%〜7.0%のエグゼクティブプラン、年3.5%〜14.0%のコンフォートプランが用意され、利用者がプランを選ぶことはできませんが、コンフォートプランでも魅力ある金利となっています。
どちらのプランも利用限度額が最大1,000万円、少額のおまとめから高額のおまとめまで低金利で利用することができます。
即日融資にも対応していることから、すぐにでも複数社の借入をまとめたいという人にも最適なカードローンと言えます。

 

即日審査で限度額は800万円!イオン銀行おまとめローン

イオン銀行カードローンは年3.8〜13.8%となっていて、銀行カードローンの中でも上限金利が低いのが特徴です。
金利の低い銀行カードローンでも上限金利は、多くが14%以上となっているのに対し、このイオン銀行カードローンは14%切る低金利となっています。
最高限度額は800万円となっています。
通常のカードローンも魅力ある金利となっているのですが、イオン銀行ではおまとめローン・フリーローンの商品もあり、金利は年3.8%〜13.5%、限度額は700万円となっていて、こちらではさらにお得な金利設定となっています。

 

300万円までなら収入証明書が不要!楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンでは金利が年1.9%〜14.5%、最大限度額は800万円となっています。
上限金利をイオン銀行カードローンと比べると見劣りする金利となっていますが、下限金利はかなり低く、借入額が多い人ほどお得なおまとめローンとして活用することができます。
また、このカードローンは300万円までなら原則収入証明書は不要となっていて、面倒な書類の準備も必要なく申し込みをすることができます。
楽天銀行スーパーローンはおまとめでの利用OKと明記していることもあり、おまとめローンにも積極的なカードローンとも考えられます。

 

使用目的は自由!三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%〜14.5%、限度額は最高800万円となっています。
ランキング上位のカードローンと比べると、とくに特徴がないように感じますが、この三井住友銀行では自動契約機を利用することができます。
自動契約機以外にもインターネット電話での申し込みができ、自分に合った申し込み方法を選べるのが魅力の銀行です。
収入証明は300万円までは不要、口座を持っていなくても即日融資が可能です。
使用目的が自由となっているカードローンで、おまとめローンとしても利用することができ、すぐにでも多重債務を解消したいという人にも最適なカードローンです。

まとめ

おまとめローンを利用することにより金利が下がり利息の負担を減らしたり、毎月の返済額が減る、一本化することで返済先が一つになるというメリットがありました。
しかし、メリットだけでなく、返済期間が延びてしまい総返済額が増えたり、審査が厳しいというデメリットもあります。
おまとめローンの審査落ちする人の特徴として他社からの借入件数が多い、勤続年数が短い、信用情報に傷が付いている、住宅ローンなどの他のローン負担が大きいがあります。
おまとめローンは銀行だけでなく、消費者金融も利用することができ、自分に合った金融機関でおまとめローンを利用して、複数の返済での悩みを解消していきましょう。